パタヤナビ Top >  アクセスと交通手段 >  バンコクからパタヤへの移動

バンコクからパタヤへの移動

バンコク市内からパタヤへ向かうには、長距離バスかタクシーが一般的です。時間はタクシーで1時間半程度、バスで2時間から2時間半程度です。タクシーの場合には、料金はほぼメーター使用ではなく交渉になりますが、高速料金込みで1300から1500バーツくらいです。バスを利用する場合には、BTSのエカマイ駅近くにある東バスターミナル、もしくはモーチットにある新北バスターミナルからになりますので、滞在先から近い方を選びましょう。

パタヤ行きはいずれのターミナルからも朝5時から夜の8時まで30分毎にエアコンバスが出ており、料金は124バーツです。もう少し安い料金のバスも出ていますが、座席が狭くいくつもの地域に留まる各駅バスですから、間違うことのないよう直行バスを選びましょう。東バスターミナルへは、BTSのエカマイ駅から歩いてすぐですが、新北バスターミナルはBTSのモーチット駅から歩ける距離にはなく、バスかタクシーでの移動となります。

バスターミナルに着いたら、パタヤの行き先表示のあるカウンターでチケットを購入し、チケットに表示してあるバスの到着ホームを探してバスを待ちます。特に北ターミナルは規模が大きく、北タイや東北タイの各地へ向かう数多くのホームが連なっていますから、間違うことのないよう少し早めに向かうのが賢明でしょう。なお、バスは全席指定で、チケット記載の座席番号は、背もたれに書かれている番号のシート位置ですから間違わないようにしましょう。

また、スワンナプーム国際空港から直接パタヤへ向かう場合には、空港ターミナルの外にあるエアポートバス乗り場からパタヤ行きが出ており、発車時間は午前8時から午後6時まで2時間に1本の割合です。一般の長距離バスを使う場合には、空港からシャトルバスで空港バスターミナルまで移動し、そこからパタヤ行きかジョムティエン行きに乗ります。ただ、本数が非常に少なく、長時間待つことにもなり兼ねませんから、あらかじめ発車時間を確認した上で利用するようにしましょう。

空港からリムジンサービスを利用する場合には、車種にもよりますがおおよそ2400から3000バーツ、一般のタクシーの場合には、高速料金込みで1300から1500バーツ程度です。バスを利用してパタヤのバスターミナルに着いたら、ターミナルの外側に待機しているソンテウ(乗り合いトラック)に乗り込んで、パタヤ市内まで移動します。ソンテウのドライバーに滞在予定のホテルを告げれば、その方向へ向かうソンテウを教えてくれます。ソンテウの値段は、乗り合いで一人20バーツが基本です。

アクセスと交通手段

バンコクからパタヤへは、タクシーや長距離バスで向かう方法があり、所要時間は1時間半から2時間半です。パタヤでの交通機関はソンテウが中心で、うまく乗りこなすと市街地の移動が便利です。モータサイというバイクタクシーは、ソンテウの行かないソイ内や急いでいるときなどには便利な乗り物で、簡単に借りられるレンタルバイクも便利ですが、交通マナーが悪く運転には注意が必要です。

関連エントリー

  • バンコクからパタヤへの移動
  • パタヤでの交通機関
  • パタヤでソンテウを乗りこなす